バズは狙える?1万RT・2万いいねまでバズってみてわかったこと8つ

f:id:bitokosubcul:20180401132543p:plain

ツイートがバズりました。(1万RT、2万いいね)
今回ツイートをバズらせるためにやったこと、バズってわかったこと8つをまとめました。

バズらせるための工夫

今回バズったツイートの内容は『プレイガイドの手数料まとめ』。
常々『手数料をなんとか節約できないか?』と考えていたので、インフォグラフィックを制作してみました。(制作期間:4時間×1週間)

  • 1ツイートの情報量が多くなるように、画像4枚貼り&140字ギリギリで画像の要約を説明
  • 画像はサムネイルの段階でぱっと見てわかるように、Twitterの画像サイズ(1024px*512px)に合わせて作成
  • なんか役立ちそうな気がする「まとめ」ツイート
    「普段はそんなに考えてないが、なんか自分の生活に役立ちそうな気がするランダムな情報」がリツイートされやすい傾向にある気がします
  • 平日の19時にツイート
    Twitterの閲覧者数は平日の18時〜22時ごろがピークと言われています。

    lab.appa.pe

    バズるためのタイムラグを考慮して、早めの時間にツイートしました。
    また、金曜日の夜は飲みに行く人が多く閲覧者が減るため、前日の木曜日に投稿。

バズ経緯

1. 木曜日の夜19時にフォロワー300程度のメインアカウントで予約投稿

⇨10RT、30ふぁぼぐらいで止まる
「えい!」と気合を入れて投稿したものの、最初はあまり反応がありませんでした。
というのは、私がツイートをしたアカウントのフォロワー(約300人)はお笑いが好きな人たちで、あまりプレイガイドを使わないジャンルだったからです。
お笑いは観客数10~150人くらいの小さな劇場が多く、主催者に予約して当日会場で現金を払う…というスタイルが一般的です。
なので、「プレイガイドの手数料のまとめ」という情報は自分のフォロワー層にはあまり魅力的に見えなかったんですね。
2. リアルアカウントでRT&友達にもRTをお願いする

メインのアカウントとは別に、学生時代の友人とだけ繋がっているフォロワー20人くらいの鍵垢もありました。学生時代の友人はなんらかのオタクが多いです。
こっちのアカウントで「がんばって作ったのでよかったらRTして!」と素直にお願いしました。

3. 腐女子のリアル友人がRTしたことにより、腐女子の中で回り始める

腐女子の友人がツイートしてくれたことにより、だんだん腐女子のアカウントでRTされだしました。(アイコンが自作のイラストだったり、@イベント名、スペース名などのスクリーンネームなのですぐわかる)

4. だんだんアイドル界隈で回り始める

漫画やアニメが好きな腐女子の中ではアイドルが好きな人も多いため、だんだんアイドルファンの間でもRTが増えていきます。

5. 自分のバンドアカウントでもRTした結果、バンド界隈でも回り始める。

ここで、「使えるものはなんでも使おう!」と思い、自分の音楽ファン友達がいるアカウントでもRTしてみました。
こちらはほとんどが英語圏のフォロワーなのですが、10人くらいいた日本人のフォロワーが思惑どおりRTしてくれました。

6. 投稿当日~投稿翌日までは通知が鳴りやまない状態

プッシュ通知を切っているので、バズった人がよくTLで「あかん通知なりやまへん」「スマホうごかん」ということにはなりませんでした。
ただ、Twitter上の通知バッジは秒単位で更新されて行きました。
2日目以降もぽちぽちRTされていき、1週間くらいでRTは収まりました。
固定ツイートにしてブログ記事を書いた結果、ツイートから8か月経った今でもたま~にぽちぽちといいねやリツイートを押してくれる人がいます。(2018.03.31追記)

www.oshidoko.tokyo

わかったこと

バズには元々のフォロワーの多さはあまり関係ない

私のもともとのフォロワーは300人しかいませんでしたが、最終的に1万RTまでいきました。
フォロワー0人でもハッシュタグをつけて誰かに見つけてもらいさえすればバズることはあるため、やはり「ツイートの内容」(拡散に値する情報かどうか)「投稿タイミング」(みんなが見ている時間帯か)「検索視認性」(知らない人が見つけやすいか)が重要です。

どんなに有益な情報でも、適切なターゲットに届かないとバズらない

最終的にこのツイートは1万RT、2万いいねまでいきましたが、メインアカウントだけでつぶやいていたら10RTで終わっていた可能性がありました。
ツイートの内容をどんなに凝っても、「すごい!」と思ってくれる人に見てもらえないと意味がないということを痛感しました。

インフルエンサーにRTしてもらうことが大事

拡散の軌道に乗せるには、インフルエンサーがいます。
今回の場合は腐女子の友人が私にとってのインフルエンサーとなりました。
単にフォロワーが多ければいいのではなく、「特定ジャンルのたくさんのフォロワーに信頼されている」ことが大事です。
困ったときに助けてもらえるよう、普段からコミュニケーションをとっておきましょう。

バズる準備をしておくことが大事

今回「バズればいいな〜」と思いつつ本当にこんなにバズると思ってなかったので、バズった後のことを全然考えてませんでした。
結果、バズってから15時間後に追加のツイートをするはめに。

バズったツイートに比べて情報量が少ないのもありますが、こちらは結果的に300RTしかされませんでした。

  • TLで見られてまずいツイートは消しておく
  • バズった後に追加の情報を出せるよう、追加ツイートも準備しておく

この2点が大事です。

バズったツイートと関連するアカウントじゃないとバズってもフォロワーは増えない

今回のバズはフォロワーを増やすことが目的ではなかったため、結果的に+3人くらいしか増えませんでした。(この3人もなぜフォローしてくれたのかは謎)
自作のイラストを投稿してるとか、お役立ち情報をまとめているとか、バズったツイートに求められていたものを継続的に投稿してる人でなければフォロワーは増えません。

意見的なツイートじゃないとリプはそんなにこない

今回は「事実」をまとめたもので特に論争ポイントもないので、一部の方から「すごいですね!」とリプをいただいただけで大してリプ欄は埋まりませんでした。
「○○すべき」「だから○○はダメ」というような意見的なツイートでなければ、炎上しないのでご斬新ください。

引用ツイートはまぁまぁ来る

「関係が遠くなるほど引用ツイートするようになる」という法則です。
ほとんどの人は「引用ツイートすると相手に通知がいく」ということを知っているので、公式RT→次のツイートで感想ということをしていますが、RTが増えるほど引用RTが増えていきます。

まとめ

  • バズには元々のフォロワーの多さはあまり関係ない
  • どんなに有益な情報でも、適切なターゲットに届かないとバズらない
  • インフルエンサーにRTしてもらうことが大事
  • バズる準備をしておくことが大事
  • バズったツイートと関連するアカウントじゃないとバズってもフォロワーは増えない
  • 意見的なツイートじゃないと炎上はしない
  • 引用ツイートはまぁまぁ来る

今回初めて1万RTを超えるバズを経験してみて、「こういうことか!」とわかったことがたくさんありました。
有名になっていい気分になりたい、自分のブログを宣伝したいなど、バズらせたい目的は人によって様々です。
この記事が「ツイートがバズらねぇ・・・」と悩んでる人の一助になれば幸いです!