【5分でできる】Twitterのエゴサをアプリで100倍効率よく見る方法

f:id:bitokosubcul:20180401163719p:plain

好きな芸能人の情報を見逃さないようにしたいけど、毎日Twitterを検索するのは面倒・・・。
そんな方のために、Twitterを自動で検索してLINEに通知する方法をまとめました。

 用途

Twitterを自動で検索してLINEに通知する機能は、下記のような用途に使えます。

  • リストを作って、好きな芸能人の情報を集める
  • チケットのお譲りを探す
  • グッズのお譲り・交換希望を探す
  • 勉強会やイベントなどの情報を集める
  • 好きなキャラクターや作品のイラストの投稿通知する

などなど、皆さんのニーズに応じて検索ワードを変えてみてください!

事前準備

ブログの更新通知をLINEに送るため、まずは”Line Notify”をLINEで友達追加します。

f:id:bitokosubcul:20180401161349p:plain

  1. Line notifyで検索
  2. 友だちに追加をクリック
  3. グループを作成
  4. Line Notifyをグループのメンバーに追加

IFTTTのアプリに登録する

ブログの更新通知をLINEに送るため、IFTTTというWEBサービスを使います。
アプリをダウンロードするのが早いですが、WEBからの登録も可能です。

f:id:bitokosubcul:20180401161508p:plain

  1. IFTTTアプリをダウンロード
  2. IFTTTに登録
  3. My Appletsを選択
  4. New Appletで検索条件を設定

最初は「英語版しかなくてめんどくさい・・・」と思うかもしれません。
ただ、使ってみるとかなり便利で毎日5分チェックしていた時間を節約することができます。
最初に設定してしまえばあとはラクなので、今5分使ってやってしまいましょう!

Twitterの検索ワードを設定する

f:id:bitokosubcul:20180401163719p:plain

5. Twitterを選択
6. Twitterアカウント連携
7. 検索ワードを設定
8. that(LINE通知)を設定

検索ワードではTwitterの詳細検索オプションがそのまま使えます。

www.howtonote.jp

LINEへの通知内容を設定する

f:id:bitokosubcul:20180401163811p:plain

9.   LINEを選択
10.   LINEとIFTTTを連携
11. 通知内容を設定
12. 設定完了!

通知内容に設定できるのは下記です。

  • TweetEmebedCode: 記事のタイトル
  • LinkToTweet: ツイートのURL

これで設定完了です!
あとは待っているだけで新しいツイートがあったときにLINEに通知されるようになります。
通知のタイムラグは30秒〜1時間ほどです。(※複雑な検索条件だと通知タイミングが遅くなるかもしれません)
更新頻度や重要度に応じて、LINEの通知のオンオフを切り替えてみてくださいね!