Tigetの使い方を解説!~会員登録、予約、支払い、譲渡やキャンセルまで

f:id:bitokosubcul:20180423005056p:plain

小規模会場向けのチケット予約サイトTiget。
初心者の方向けに、Tigetを利用したチケットの予約方法をまとめました。

Tigetの使い方

  1. 会員登録する
    「新規登録」画面から会員登録します。
    現在Twitter、Facebook、Google、メールアドレス4種類の登録方法があります。

    f:id:bitokosubcul:20180423010218p:plain


    名前は本名でなくて大丈夫です。(本人確認必須公演のぞく)
    SNS連携の場合はSNSの名前が登録されますが、後ほど何回でも名前をプロフィールで変更することができます。
  2. メールアドレスを認証する
    登録したメールアドレスあてにメールが届くので、認証URLをクリックしてアカウントの作成を終了します。
  3. 公演ページに行く
    ログインした状態で公演ページに行き、「予約する」をクリックしましょう。
  4. 必要事項を記入して予約
    「名前」「メールアドレス」「枚数」
    が必須入力です。
    標準では枚数が1枚で表示されます。
    その他のアンケートは急いでなければ入力してあげましょう。
  5. 予約完了時に出てきた画面をスクリーンショットしておく
    予約完了時に出てくる画面がチケットとなります。
    後からマイページでも表示できますが、この段階で保存しておくと便利です。

    f:id:bitokosubcul:20180423011904p:plain

Tigetの手数料

予約のみの場合→無料

事前購入の場合→99円(システム手数料)

がかかります。 

Tigetの支払方法

チケットの事前購入が必要な場合は、クレジットカードのみ利用可能です。

対応会社はVISAMasterAmerican Expressの3社。
JCBカードは使えないのでご注意ください。 
クレジットカードを持っていない、登録したくないという方は、出演者の取り置きが解禁されるのを待ちましょう。

Tigetのチケットを譲る

チケット画面のスクリーンショットがあれば大丈夫です。

画面がない場合も、「予約番号+予約時の名前」さえ受付で伝えれば入場することが可能です。

f:id:bitokosubcul:20180423011904p:plain

Tigetのチケットをキャンセルする

チケットの購入ではなく予約のみしていた場合は、キャンセルも可能です。

Tigetのシステムからキャンセルする場合

マイページの「チケット一覧」から、「キャンセルについて」をクリックすると公演のキャンセルが可能です。

f:id:bitokosubcul:20180423012119p:plain

f:id:bitokosubcul:20180423011643p:plain

「キャンセル実行」を押すとキャンセルが完了します。

Tigetのシステムからキャンセルできない場合

キャンセル期限を過ぎている場合や、主催者がシステム上のキャンセルを許可していない場合、下記のメッセージが表示されます。

f:id:bitokosubcul:20180423011009p:plain

「主催者様にお問い合わせください。」となっている場合は、公演ページの「お問い合わせフォーム」から「キャンセルお願いします。」とメッセージを送ります。
問題がなければ、記載したメールアドレスに「キャンセル承りました。」と返事がきます。

Tigetのシステムだけでキャンセルできるかどうかは、残念ながら予約時にはわかりません。
キャンセルが必要になった段階で、「チケット一覧」から確認するようにしてください。

Tigetの販売者に表示される情報

「整理番号」「名前」「登録時のメールアドレス」「予約枚数」が表示されます。

紐づいているTwitterFacebookのアカウントは販売者にはわかりません。

主催者に自分の名前やメールアドレスを知られたくない…という場合は、チケット用のメールアドレスを用意するのがよいです。

f:id:bitokosubcul:20180423005256p:plain

まとめ

Tigetはスクリーンショットのみで入場できる、とても便利なチケット予約サイトです。
購入しない場合は会員登録しなくても利用できますが、スムーズに利用するにはSNS連携を利用して会員登録されることをおすすめします。
行けなくなってしまった場合は、必ず「キャンセル」ボタンもしくは「お問い合わせ」ボタンからキャンセルしましょう!